子育て相談室

青木医院内 子育て相談室は、1992年8月に開設以来26年目を迎えました。

 今後の予定

  • 子育て相談 9~10月の予定

    時間は10時30分~12時です。
    12時~14時は交流時間となります。時間のご都合が良い時は、医院内で昼食を摂ることができますので、あらかじめご準備下さい。

    ・9/6 (木)
    ・9/13 (木)
    ・9/20 (木)
    ・9/27 (木)
    ・10/4(木)
    ・10/11(木)
    ・10/25(木)

    ※参加ご希望の方は、お電話かWeb予約にて、事前にお申込み下さい。
    ※駐輪場がありませんので、自転車の方は、近隣の駐輪場をご利用いただくか、徒歩でご来院下さい。
    (西友前と、線路脇に駐輪場があります)

 
月齢の指定がない場合は、月齢に関係なく予約を受け付けております。診療時間中に、御電話(03-3327-0702)でご予約下さい。きゃきゃ(。・_・。)ノ

 子育て相談室とは…

当院では、赤ちゃんが生まれた後も育児の不安を相談できる、「子育て相談室」を開設しております。

当院で出産された方でなくとも、どなたでも利用可能です。

保育士資格を持つ専門の指導員がゆっくり相談にのるシステムとなっております。

核家族が増える中「赤ちゃんを元気に育てなくては」ということだけで不安を持つご両親が増え、子育て支援の拡充が急がれる動きとなっています。

当医院は、1992年8月に子育て相談室を開設して以来、情報交換の場、不安を出し合う場として、育児中の親御さんたちに利用して頂いています。

母親学級、ラマーズ法の会をきっかけに顔見知りになったお母さん方が、子育て相談で再会し、仲良しグループができるようにもなりました。

お母さんたちだけでなく、お父さんが参加することもあります(お父さんも大歓迎です。お父さんたちだって育児の悩みは色々あるはず…)

また、上のお子さんがいるお母さんと知り合い、地元の幼稚園や小学校などの地域情報が手に入るようになったり…?!

仮診療所でも、子育て相談室は随時開催しておりますので、是非ご参加下さい

 

 その他の活動

・平成14年度
社会福祉・医療事業助成 「子育てケア・サポート事業」によるオープン講座が行われました。
上記の事業より院内での子育て相談室に見学者が来院し、臨床心理士・発達相談員による 検証も行われました。

・平成15年度~
独立行政法人社会福祉医療機構の助成を受けた地域の子育て応援グループ「たまごとひよこ」共催で講座を行いました。
カナダの子育て手引書「ノーバディーズ・パーフェクト」の手法により勉強会を開き、好評を得ました。

その他、当院で知り合った仲間同志での院外での野外料理の会や畑での活動といったものもあります。

子育て相談室(サロン)には、所定の日程以外にも必要に応じて来院することができます。(お電話でお問い合わせ下さい)

 月齢別の内容

2~4ヶ月

離乳を始めるときの生活リズムや授乳の仕方のお話を中心に、栄養士参加で集います。
また、赤ちゃんのいる生活の様子を互いに話し合います。

5~6ヶ月

赤ちゃんの生活リズムが決まりつつある時期。
赤ちゃんを連れてのお出かけや遊び方などを中心に、情報交換をします。また、この頃より離乳食も本格的になってきますので、その様子も伺っていきます。

9~10ヶ月

そろそろ形のある食事ができるようになり周囲への興味も出てくる頃。
赤ちゃんが遊べる環境への配慮など、生活の見直しをしてみましょう。

離乳食

離乳を始めたいのに、赤ちゃんに食べることへの意欲が出て来なかったり、ステップアップの方法がよくわからない…といったことがありませんか?

現在赤ちゃんが食べている食事を持参していただき、食べる様子を見ながら保育士がご相談に乗ります。
他の赤ちゃんの食べ方や食事内容を観ることが刺激にもなります。

また、レトルトや固形のものを使用したり、手作りしたり、色々な情報を交換できる機会となっています。

フリーデー

近況を話したり、友達と待ち合わせて、逢える場として利用したり…
お気軽に、ふらっと出かけてきて下さい。

※日程・場所など 変更になることがありますので、お電話にてご確認のうえご参加下さい。

連絡先: 03-3327-0702 青木産婦人科医院